So-net無料ブログ作成
検索選択

日本空手協会第54回全国大会 [空手道]

空手協会の全国大会観戦してきた。

男子は栗原一晃選手が形・組手とも優勝し、完全優勝の偉業を成し遂げた。
形も組手も優勝したのは28回大会(昭和60年)の香川選手以来ではないだろうか。
素晴らしい快挙だ。

110710_D3C3322.jpg
準々決勝、上段蹴りで攻める栗原選手

110710kata_D3C3167.jpg
決勝の形は「壮鎮」

写真を見て気が付いたのだが、栗原選手は正中線を外側に外しながら攻め込んでいる。

110710_D3C3301.jpg
これは極まってはないが、正面からぶつからずに斜めに入っているのがよく分かる

110710_D3C3336.jpg
これはもっと分かりやすい。自分より大きな選手を崩すいい手本になるのではないだろうか。

110710_D3C3492.jpg
110710_D3C3568.jpg
この2枚も足の位置を見れば、相手の死角=外側から攻め込んでいるのが分かる。

研心会館・横山館長のいつも言われる「正中線を少し外すだけで自分が有利な位置を取れる」のを、
一流の選手は実際に試合の中で活用しているのが理解できた。それはまた、ナイファンチ(鉄騎)の
体の使い方(動き)なのだ!
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。