So-net無料ブログ作成
検索選択

少林寺拳法教範 [空手道]

昔少林寺拳法をやっていたという会社の同僚が、先生から借りっぱなしに
なっている古い本があるとわざわざ持ってきてくれた。

宗道臣著・昭和30年初版の「正当少林寺拳法教範」という本。
ぶ厚く、今売られている様々な空手や拳法の教本の何十倍もの中身だ。
その中に、このような記述が。

「一部の拳を修める者の中には、往々にして真の拳法を知らずして、
我流に走り、力に頼って、拳頭の堅さを誇り、一拳必殺を呼号し、
牛馬と戦ってみたり、石や煉瓦を破壊して威力を誇示して得々として
いる者があるけれども、これらの者は、真の拳士ではなくして、拳を
もてあそぶ芸人の類であり、正しい拳の道ではなく、邪道へ入った
殺人拳である」

昔極真と少林寺(大山総裁と宗道臣?)が揉めたことがあったとは聞いて
いるが、なるほどと思わせる文章だ。

本当の真相は知る由もないが、当時は極真空手と伝統空手もお互いを
邪道とさげすみ仲が悪かった。良し悪しは別に、時代の空気というか熱気
を感じる力の入り方で、今となっては微笑ましくも感じる。

101204_DSC00793.jpg
nice!(0)  コメント(2) 

nice! 0

コメント 2

もん爺

当事者二人が他界されているので
もう完全に昔話ですね。

昔はよく少林寺拳法やっている奴と喧嘩したものですが(笑)。

by もん爺 (2011-05-30 00:32) 

MIYA

天界でお二人はどんな会話をされているのか。案外今は仲良くやっているかもしれませんね。
by MIYA (2011-05-30 01:25) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。